キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 一般的なのぼりの生地は? : のぼりのルーツと今を知る

一般的なのぼりの生地は?

一番普及しているのはテトロンポンジですが、和風なものには金巾を使います。

のぼりのルーツと今を知る

一般的なのぼりの生地は?

伝統的なもの以外、私達が最もよく見かけるのぼりについてちょっと触れてみます。

一番多いのはやっぱり飲食店ですね。

本来のぼりは和の趣があるものですが、今となっては洋風も和風も、どんなお店も一様にのぼりを出して販促に利用しています。

でも、実は和風なお店の場合と、洋風なお店の場合ではのぼりの雰囲気も違います。

デザインが違うのはもちろんですが、生地が違うので風合いが変わってくるのです。

一般的に一番良く利用されているのは、化繊の「テトロンポンジ」というもの。

これは薄くて印刷の裏側への抜けも良く両面からの視認性が高い事、またコストがかからないことで人気です。

一方、綿ののぼりもあり、「金巾」という薄手のものが一番良く使われますがこれは綿なのでどうしても滲みなどが出ることからあまり精細な(写真など)図柄の印刷には不向きですが染めた時に独特の風合いが出るので、和食店や和装店など、和のテイストを押し出したいお店ではよく使われています。

メールフォーム

お問い合わせはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C) のぼりのルーツと今を知る All Rights Reserved.