のぼりの宣伝効果UPを狙うなら文字デザインにこだわって

簡単で低コストな宣伝方法であるのぼり。のぼりのアピール効果をさらに上げるためにこだわりたい文字デザインや文言の選び方について解説しています。

のぼりのルーツと今を知る

のぼりの宣伝効果UPを狙うなら文字デザインにこだわって

のぼりは、簡単で低コストに宣伝する方法として店舗経営者に人気です。

でもただ置くだけでは集客に繋がりません。

大事なことは、集客につながるデザインにすることです。

ここでは、まず文字デザインについて解説します。

文字について注意したいのは次の3つのポイントを盛り込むことです。

3つのポイントとは「シンプルであること」「具体的な数字や文字を入れること」「他店と差別化できるアピールポイントを入れること」です。

これらを盛り込むことだけでも非常に宣伝効果の高いのぼりに仕上げることができます。

のぼりはじっと立ち止まって見るものではありません。

車などに乗って通りすがりに目にするものであるため、パッと目に入って理解しやすいこと、印象に残る内容であることが何よりも重要です。

だからこそ、シンプルであることはまず重要で、頭に入りやすい具体的な数字や文字が必要となります。

たとえば、「売り出し期間中」よりも「期間限定!30%OFF」とする方が、目でキャッチした瞬間に内容が入ってくると思いませんか?

前者の場合、見た人は「現在売り出しをしている」ということしかわかりません。

しかし後者は「今限定で、30%値下げされている」と内容が視覚的にわかり、しかも具体的数字の効果で瞬時にお得さまで印象付けられます。

のぼりは宣伝のために立てるのですから、文字のわかりやすさに加え、何をアピールしたいかを考慮することが大切です。

オリジナル商品など、他店と差別化できるポイントを盛り込むことができればなお宣伝効果は高まります。

メールフォーム

お問い合わせはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C) のぼりのルーツと今を知る All Rights Reserved.