集客を狙うのぼりデザイン!色の選び方と組み合わせ

集客を狙うのぼりは色選びや色の組み合わせもとても重要。のぼり設置場所に合わせた色の選び方と組み合わせデザインについて徹底解説します。

のぼりのルーツと今を知る

集客を狙うのぼりデザイン!色の選び方と組み合わせ

集客を狙うのぼりでこだわりたいのは、文言の内容やデザインだけではありません。

実は色選びや色の組み合わせもとても重要です。

ここでは、目に留まって集客につながりやすい色の選び方と組み合わせデザインについて解説します。

集客を狙ったのぼりの色を選ぶときにまず考えたいのが、設置場所です。

のぼりを設置した背景の色は何色でしょうか?背景と同色ののぼりを避けることが目立つのぼりづくりのポイントとなります。

たとえば、ビル街ならグレー系、公演や木々の多い場所なら緑系の、このようなのぼりは背景と同化するためNGです。

ビル街なら赤や緑の現職、公園なら赤や黄色など、その場所に存在しにくい色をチョイスしましょう。

そして文字の色も重要です。

のぼりの色との組み合わせ次第で、視覚的にアピールすることができます。

のぼりの色と文字の効果的な組み合わせパターンは、「赤・黄×黒」、「赤×白」、「青×黄・白」などです。

実際、飲食店関係や娯楽関係の場合は赤や黄色、黒などを使うと効果的だと言われています。

赤や黄色、黒は、炎や食品をイメージする色だったり、欲望を刺激するような色だったりするからです。

オフィスや公共機関の場合は、青や黄色、白などが最適。

誠実さやきちんとさが連想できるからです。

のぼりを考えるとき、つい何を載せるか、どんな文字にするか、など中身のデザインばかりに気を取られる人が多いですが、ここで紹介したように色の選び方や組み合わせを少し工夫するだけで、人の目に留まりやすい効果的なのぼりを作ることができます。

メールフォーム

お問い合わせはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C) のぼりのルーツと今を知る All Rights Reserved.